'무도학과'에 해당되는 글 1건

  1. 2010.09.05 일본대학의 무도학과
Report/Martial Arts2010.09.05 16:18
사용자 삽입 이미지

국사관 대학교 http://phys.kokushikan.ac.jp/martialart.html

武道の研究・実習を通して、
豊かな武道精神や高い倫理性を習得します。

「武道のこころ」は豊かな精神性と高い倫理性にあります。その基本となる「型」の修練を重ねつつ、武道の技術と競技力の向上をはかり、現代社会に対応した指導力を養います。また武道の指導を通じて地域社会に貢献する人材を育成。海外での親善試合や研修への参加を通して国際社会に貢献するスポーツリーダー像も模索します。スポーツ医科学に裏付けられた最先端のトレーニングシステムについても学びます。

武道への多角的アプローチ。

体育原理などの基礎教育科目をベースにスポーツ栄養学、トレーニング論などの専門科目を履修。さらに柔道、剣道などのそれぞれの武道について、歴史から理論、そして実践と、トータルに学びます。

科目紹介
柔道史
柔術の起源と発展の歴史をたどり、嘉納治五郎によって集大成された日本伝講道館柔道の特性、世界のJUDOとなった柔道を概説する。

剣道史
日本概史と剣道の関係を時代別に整理し、原始時代から現代までの歴史背景によって異なるとらえられ方とその内容を理解する。

テーピング・マッサージ論実習
柔道整復術の沿革と骨・筋・関節を主体とする運動器の解剖学的、生理学的理解を深め、適切な処置法と指導法を身につける。

동해대학 무도학과
http://www.u-tokai.ac.jp/undergraduate/physical_education/judo_and_kendo/index.html

武道を通じて生き方の本質を学び、豊かな人間性や国際性を養う

【画像】武道学科イメージ

武道とは、日本古来の武術を基本とし、先達の汗と血のにじむ修練を通して継承されてきたわが国の伝統文化。「心」「技」「体」の調和は教育においても重要な柱であり、現在では世界にも広く普及しています。さらに、近年では武道を通じての国際交流も盛んになっています。本学科では、「柔道コース」と「剣道コース」の2コースを設置。武道がもつわが国ならではの伝統文化への理解を深めるとともに、国際感覚を兼ね備えた人間性豊かな人材を育成します。また、スポーツとして科学的にアプローチする武道教育にも取り組んでいます。

柔道コース

全国トップクラスの実力者たちが集い、実績十分な教員たちのもと、日々稽古と学びに集中しています。本コースの学生がオリンピックなどで活躍していることからも、その実力はよく知られています。さらに、柔道には伝統文化としての側面もあります。そうした文化的側面を歴史や思想から深く学ぶとともに、科学的な手法で競技力向上をはかります。

剣道コース

本コースでは、剣道の歴史や指導法をはじめ、居合やなぎなたなどのさまざまな武道に触れながら、勝ち負けだけでない剣道の本質に迫るための教育を行っています。カリキュラムは、スポーツ医学や運動生理学、メンタルトレーニングなど最新のスポーツ科学理論を幅広く学べる構成。学外活動も活発で、少年少女指導や海外実習・研修などにも取り組めます。

武道学科メニュー一覧

  • 学びの分野
  • 学びのスケジュール
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 取得できる資格・免許
  • 卒業後の進路
  • 学科要覧
  • わかる!武道学科


국제무도대학 무도학과
http://www.budo-u.ac.jp/subject/budo/index.html

柔道・剣道・武道の各専修で専門的に武道の本質に迫る 学科特色

柔道、剣道、弓道、空手道、合気道、少林寺拳法、なぎなた。それぞれを中心とした課程で技術の習得と論理的・科学的追求を図ります。また、歴史・社会・文化などの領域の関連も検討し、「術」を超えて「道」の精神を学びます。

本学科では、「柔道専修」「剣道専修」「武道専修」の3つの専修を設置、武道専修では弓道、空手道、合気道、少林寺拳法、なぎなたを中心とした課程です。4年間を通し体系的な教育を行っています。座学と実習の両面から武道を学び、一人の教員が双方を担当して行い、「理論・実習」が密接に関連した教育が可能にしています。また、科学的な指導を行うと同時に、真の“武道精神”を正しく次世代へ伝えられる指導者の育成を本学科の最大の目標としています。

TOPへ戻る

道を知る授業

武道史概説

日本の歴史のなかで、戦いや防衛の手段としての武術は、時代の背景や思想と密接に関わりながら、歴史のなかで培われ、日本固有の伝統文化として定着しています。本学科は武道を文化として捉え実学・座学の両面から深く学びます。

柔道理論・実習

柔道理論と実習では、講道館柔道の投げ、固の形、極の形、柔の形などの、主に攻防の技術と理論を体得します。

剣道理論・実習

剣道理論と実習では、木刀による「日本剣道形」の仕掛けていく技、応じていく技から、「五行之形」の伝統的な攻防、作法などの技術理論を体得します。

海外研修 剣道

国際交流と親善を目的に、培ってきた技術と理論を海外で正しく普及させることを目的に実施しています。また、海外での剣道指導者は不足しているのが現状です。この交流活動を剣道の国際的な普及・発展につなげています。

TOPへ戻る

学びのスタイル

学科の壁のない自由なカリキュラム。それが本学の特徴です。 学びのスタイル

カリキュラムは大きく分け教養教育としての「人間総合科目」と武道・体育・スポーツトレーナー・国際スポーツ文化の4学科に沿った「学部・学科専門科目」の2つの学問体系から形成されています。さらに学科専門科目は「基礎専門科目」と「展開専門科目」の分野で、各個人の学習スタイルに応じた学習が可能です。他学科の履修も可能です。
3・4年次の「演習」では各自のテーマに基づいた研究活動を進め、演習レポート(卒業研究レポート)の作成を目指す更なる探求を行う科目です。すべての学科で「教職課程」の履修が可能で、教員免許が取得できます。

TOPへ戻る

主な取得可能な資格

本学所定の科目を履修修得すると スポーツ・体育分野の各種資格の取得が可能です 主な取得可能な資格

教育職員免許法及び教育職員施行規則で定められている所定の単位を修得することで、中学校教諭一種免許状(保健体育)、高等学校教諭一種免許状(保健体育)の取得が可能です。
また、本学の指定された授業科目を修得すると、下記のような資格取得に必要な講習や試験が免除されたり、資格認定試験の受験資格が与えられたりします。

資格一覧

  • スポーツリーダー
  • 競技別指導者資格(指導員、上級指導員、コーチ、上級コーチ、教師、上級教師)
  • フィットネス系資格(ジュニアスポーツ指導員、スポーツプログラマー)
  • アスレティックトレーナー
  • 健康運動指導士
  • 健康運動実践指導士
  • レクリエーション・インストラクター
  • レクリエーション・コーディネーター
  • キャンプインストラクター
TOPへ戻る

特徴的な演習

柔道技能論 越野忠則准教授

演習では、柔道理論を概論し、基本動作・技法、固技と連続技を学習します。体力や能力に応じて柔道技術の理解を図ります。さらに競技力向上、練習法、トレーニング法、指導法を研究し将来の指導者の養成を目的にしています。

弓道論 松尾牧則准教授

弓道の歴史的・文化的側面と、科学的研究・論考を踏まえ、現代の弓道がいかにあるべきかを考えます。資料・データの収集方法、研究方法についても学習し、深く追求して問題が明確にできるよう視野を広げていきます。資料・データはデータベース化を行い、将来の弓道研究に役立てていきます。

TOPへ戻る

道をひらく

4年間武道やスポーツに打ち込める環境が整っている本学では自分の進みたい方向に向けて確実に活動することが重要となってきます。

日々の生活で鍛錬した強い気持ちはいわば馬力のあるエンジン。

本学では1・2年次からスタートする就職支援プログラムで未来に向けて、真っ直ぐ、力強く走り出す皆さんを全面的に応援します。

卒業生の主な就職先グラフ
TOPへ戻る


 

신고
Posted by IMACI somakorea